バイク用品 整備関係 最新情報

バイクのヘッドライト選び。ハロゲン、HID、LEDどれがいいの?

 

あなたは、夜にバイク乗ってますか??

 

スポンサーリンク

 

夜にバイクを乗っていると

ん~、ヘッドライト暗いなあ、、、。」と感じたことが

あると思います。

 

また、ドレスアップ目的でも変えるという方も

いらっしゃると思います。

 

そんな人の為に参考になるように書いていきますので

ご覧ください!

 

 

ヘッドライト選びの基礎知識

 

バイクに新たに買う前に最低限知っておきたい

基礎的な知識がありますので

そちらを前提にヘッドライトを選んでいただければ幸いです。

 

 

自分のバイクに合う適合形式

 

ハロゲンバルブH4

 

ヘッドライトを交換するといっても

売られているバルブが全て取り付けられるわけではありません。

 

当たり前ですが、ご自身の愛車に適合するバルブを買いましょう!

 

 

どのバルブが自分のバイクに適合するか分からない場合

 

 

ご自身のバイクに合うバルブが分からない場合は

「○○○○ ヘッドライト 適合」

(※○○○○の部分は車種名)

 

とネットで検索すれば出てきますので参考にしてください。

 

絶対ではありませんが、CBのような丸形ヘッドライトはH4

最近の2眼タイプのヘッドライトはH7が多いようです。

 

 

ケルビン?ルーメン?カンデラ?ルクス?

 

実際に自分のバイクの適合するバルブをいざ買おうとする時に

よく見かける言葉だと思います。

ここでは分かりやすくする為に簡単に説明します。

 

ケルビン・・・光ではなく色温度。

 

簡単に言うと、「そのバルブが何色に発光するか」です。

赤色2000K黄色~4000K(茶色)~5000K(太陽光)~6000K(純白)~

といった感じです。

 

色温度ケルビン参考画像

 

尚、車検の関係もありますので

オススメは4000~6000Kあたりです。

8000K(青白)や10000K(青)や30000K(紫)

等もございますが車検に引っかかりますし、何より視認性が悪い

のであまりオススメはしません。

 

ルーメン・・・放出される光の量

 

ルーメンとは光源から出る光の量です。

水とホースで例えると、ホースから放出された水の量が

ルーメンにあたります。

 

ルーメン数は多い方が良いので、バルブ選びに迷った場合は

一つの目安にしましょう。

これが俗にいう明るいかどうかです。

 

カンデラ・・・その光源自体の明るさ

 

光源自体が明るいかどうかということですが

よく、ルーメンとごちゃまぜで分からなくなると思います。

 

簡単に言うと、まぶしいかどうかです。

 

バルブ選びでは、カンデラ数よりルーメンを意識した方が

良いです。

 

ルクス・・・ある面が照らされる明るさ

 

簡単に言うと、照射範囲のことです。

 

ヘッドライト選びではすこし気になるところでも

ありますが、それぞれバイクの

ヘッドライト(リフレクターやプロジェクター)との相性も

ありますので一概には言えません。

これも、数値が大きい方が良いです。

 

 

まとめると

 

ケルビンは色温度で(何色か)

光の中心(光源)がカンデラで、そこから放出される光の量がルーメン。

どの範囲を照らすかがルクスとなります。

 

さらに、簡単にかみ砕くと

どの色(ケルビン)でどの範囲(ルクス)を

どれだけ明るい光源(カンデラ)を使ってどれだけ照らす(ルーメン)か。

ということです。

 

 

ワット数を確認する。

 

最後にワット数が自分のバイクに合ったものを選びます。

 

自分のバイクのワット数が分からない場合

 

確認方法は、適合と同じく

「○○○○ ヘッドライト ワット」

(※○○○○の部分は車種名)

等で調べれば出てきます。

 

また、実際に今ついているバルブを外したら

バルブにも書いてあるのでそちらでも確認できます。

 

大体のバイクは35W程だと思います。

LEDなどで35Wをしたまわっている場合は問題ないですが

超えるようならばつけないほうが無難です。

 

バルブはハロゲン、HID、LEDどれがいいの?

 

スポンサーリンク

 

ヘッド選びの知識を理解したら、いよいよバルブ選びですが

バイクの(車もそうですが)バルブには主に

「ハロゲン」「HID」「LED」の三種類があります。

 

各、バルブの特徴やメリット・デメリットを紹介していきます。

 

 

ハロゲン

 

ハロゲンバルブ参考画像

 

ハロゲンはフィラメントを発熱・発光させるバルブです。

 

最近でこそ、見かけるのも少なくなってきましたが

非常に安価で取り扱いやすいバルブです。

主に電球の色(4000K程)で茶色く発光しますが

バルブのガラス面に色を着色することで色を変化します。

 

○メリット

  • 値段が安い
  • 並みの耐久性
  • 温かみのある発光
  • 取り付けが楽

×デメリット

  • HID・LEDに比べて暗い
  • 消費電力が大きい
  • HID・LEDに比べて耐久力が劣る
  • 着色バルブだとさらに暗くなる

 

 

HID

 

HIDバルブ参考画像

 

HIDは”High Intensity Discharge lamp”の略で

アーク放電による発光です。

 

明るさはハロゲン・LEDに比べて一番明るいです。

取り付けにはリレー・ハーネスやバラストが必要です。

 

○メリット

  • ハロゲン・LEDに比べて明るい
  • ハロゲンよりも寿命が長い
  • ハロゲンよりも省電力な場合がある

×デメリット

  • 取り付けが苦労する
  • 発光時の立ち上がりに時間がかかる

 

 

LED

 

LEDバルブ参考画像

 

LEDは”Light EmittingDiode”の略で

日本語だと発光ダイオードです。

電圧を加えた時に発行する半導体素子になります。

 

最近では、バイクや車に採用されることも多くなってきています。

なにより省電力なのが魅力の1つです。

 

○メリット

  • 省電力
  • キレのある綺麗な発光
  • 立ち上がりスピードがはやい

×デメリット

  • 熱に弱い
  • 車種によって合う合わないがある
  • ハロゲンよりは明るいがHIDよりは暗い

 

 

結局どれを選べばいいの?

 

この三種類の中で結局のところどれを選べばいいかというと

 

  • 明るさ重視ならHID
  • 総合的なにオススメなのはLED

となります。

 

なんといっても「明るさ重視だ!」という人は

HIDで決まりです。

 

私のオススメとしてはLEDです。

これからの時代的にもそうですし、HIDに迫る程の明るさも

出てきてますし、その上省電力。

発光スピードや点滅などもキレッキレで美しさもあります。

 

2眼タイプのバイクはロービームをHID

ハイビームをLEDにするのも悪くありません。

ハイビームにHIDを入れるのは、立ち上がりの問題もありますので

パッシング等の関係でオススメしません。

 

LEDを選ぶ際は、ご自身の愛車との相性もありますので

情報を検索しながら慎重にお選びください!

 

 

以上でバルブ選びについて終わりますが

何かご質問等ございましたら気軽にコメントをください!

スポンサーリンク

-バイク用品, 整備関係, 最新情報