バイク用品 最新情報

バイク用ヘルメットの種類・サイズの選び方と種類

 

ヘルメットの種類

 

スポンサーリンク

バイクを乗る上で欠かせないのが「ヘルメット」です。

 

ヘルメットをかぶらず運転すると法律により罰せられるのはもちろん

事故にあった時に命にかかわる重要なものです。

決してノーヘルでの走行はおやめください。

 

また、バイク用のヘルメットはライディングのことを考えて作られています

ので、作業用のヘルメットや自転車のヘルメットもご遠慮くださいね!

 

 

さて、ヘルメットとひとくくりに言っても様々な種類があります。

そのヘルメットの特徴安全性着け心地なんかをご紹介していきます。

 

 

フルフェイスヘルメット

 

フルフェイスヘルメット参考画像

出典:SHOEI

まず、バイク用ヘルメットといえばこのフルフェイスヘルメット

が思い浮かぶのではないでしょうか?

スポーツ系バイクに乗っている方はほとんどコレだと思います。

特徴

顔全体をガードできるこのヘルメットは安全性に優れます。

顔をすべて覆う為、暑い日は中がこもったりしますので

着け心地は悪いです。

また、ヘルメットが大きい為重たいものもございます。

オススメ度>5段階

安全性:★★★★★

装着感:★☆☆☆☆

風防性:★★★★★

爽快感:★☆☆☆☆

重さ :★★★☆☆

システムヘルメット

 

システムヘルメット参考画像

出典:OGK

<特徴>

フルフェイスの派生系のヘルメットです。

チンガード(顎部分)が上に上げることができます。

閉じている状態ではフルフェイスと同じ状態になります。

フルフェイスの安全性に利便性を付け足した便利なヘルメットです。

構造が複雑な為やや重くなります。

オススメ度>5段階

安全性:★★★★☆

装着感:★★☆☆☆

風防性:★★★★★

爽快感:★★★☆☆

重さ :★★★★☆

ジェットヘルメット

 

ジェットヘルメット参考画像

出典:Arai

特徴

前面を大きなシールドで顎の部分が省略されているヘルメットです。

シールド部分が大きい為視界が広く、爽快感にあふれます。

~125ccクラスのバイクでよく使われています。

顎ぶはガードできないのでその辺りは安全性に欠けます。

オススメ度>5段階

安全性:★★☆☆☆

装着感:★★★★☆

風防性:★★★☆☆

爽快感:★★★★★

重さ :★★☆☆☆

ハーフヘルメット

 

ハーフヘルメット参考画像

 

 

特徴

簡単に装着できて、気楽にかぶれるヘルメットです。

125cc以下にしか対応してないものもあります。

原付やアメリカンに乗っている人達がかぶっています。

安価で簡単にかぶれる半面、ガード部分が少ないので安全性に欠けます。

オススメ度>5段階

安全性:★☆☆☆☆

装着感:★★★★★

風防性:★☆☆☆☆

爽快感:★★★★★

重さ :★☆☆☆☆

オフロードヘルメット

 

オフロードヘルメット参考画像

出典:SHOEI

<特徴>

オフロード用に作られたヘルメットです。

スタイルがかっこよく、フルフェイスの様な強度があります。

オフロード用に作られている為シールドが省略されていますので

風には弱いです。

オススメ度>5段階

安全性:★★★★☆

装着感:★☆☆☆☆

風防性:★☆☆☆☆

爽快感:★★★☆☆

重さ :★★★☆☆

インナーバイザーやメガネについて

 

スポンサーリンク

 

インナーバイザーとは、日よけ

つまりサングラスのようなものです。

 

ヘルメットによっては、ヘルメット内にバイザーが搭載されている

ものもあり、ワンタッチで出し入れできるので非常に便利です。

 

システムヘルメット参考画像

出典:OGK

 

 

メガネをかけている方はヘルメットをかぶるときに装着に困ると

思います。

掛けやすいためジェットヘルメットやハーフヘルメットを

かぶる人もいますが、安全性が欲しいかたはシステムヘルメットをオススメします

システムヘルメットはチンガードがオープンしますし

メガネ対応モデルもあるそうです。

 

 

サイズの選び方

 

購入する際に1番気になるのがサイズだと思います。

 

小さいと圧迫感により気持ち悪くなったりしますし

大きいと転倒時に抜け落ちてしまう可能性があります。

 

ですので、自分にあったサイズを選んで購入しましょう。

 

 

サイズの測り方

 

サイズの測り方は、巻尺で顔を測ります。

 

鼻から始まり耳を通って後頭部の一番でた部分に行き

反対側の耳を通り鼻に戻ります。

 

※注意すべきポイントは必ず耳の上を通ってください。

 

鼻→耳の上→後頭部の一番出てる所→耳の上→鼻

この順番です。

 

 

実際に装着して確かめる

 

なにより一番手っ取り早い方法です。

 

ネットショップ等で買う場合、上記の方法で測る他

実際の店舗で同じものを測ってくる方法があります。

一番確実です。

 

 

ほしいヘルメットがどうしてもサイズが合わない時

 

欲しいヘルメットがどうしてもサイズが合わない時もあります。

 

そんな時はMサイズのヘルメットにSサイズのクッション材

をいれたりする方法があります。

 

ネットで買う場合は行ってくれる可能性が低いですが

実店舗で買う場合は相談すればやってくれる可能性がありますので

ヘルメットと内材のバランスを組み合わせてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

 

バイク用ヘルメット種類・選びと測り方はいかがだったでしょうか?

 

ヘルメットは頭を守る重要な装着物です。

また、安全性の他にもライディングにも影響しますので

しっかり自分にあったヘルメットを選びましょう。

 

以上、ヘルメットの種類とサイズ選びでした!

スポンサーリンク

-バイク用品, 最新情報