最新情報

普通免許で125cc(原付2種)までのバイクに乗れるようになる!?

車の普通免許で50ccまでが125ccまで乗れるようになる?!

 

スポンサーリンク

こんにちは、mkです。

 

バイクに乗りたいけど免許取得がめんどうだなぁ~

 免許費用もかかるし」という方に朗報です!

なんと!

車の普通免許で125ccまでのバイクに乗ることが可能になるかも知れません

 

今、巷で噂になっている事ですが

その背景やメリット・デメリットについて考察していこうと思います。

 

なぜ、普通免許で125ccまで乗れるようになるのか

 

免許証 参考画像

 

最近話題になっていますが、この話は最近起こった事ではないようです。

水面下で話が進んでおり、今上がってきたといった様です。

 

ではなぜ、125ccまで乗れるようになるのか?

主に2つが考えられます。

 

グローバルで考えると125ccが一般

 

グローバル

日本では、普通免許を取得すると50cc以下のバイク(原付)

に乗ることが可能です。

しかし、海外では125ccまでというのが一般的です。

バイクメーカーとしても、国内仕様・海外仕様と分けなくて済みます。

 

オリンピックに向けての交通渋滞の緩和

渋滞画像

 

これから東京オリンピックに向けて、都会では交通量が

増えると思われます。

そんな中、バイクであれば物理的に小さいので

交通がスムーズに進むことが期待されます。

 

 

普通免許で125ccのバイクに乗れるメリット・デメリット

 

今までは普通免許で50ccまでしか乗れなかったのに対し

125ccまで可能となると様々な意見が飛び交うと予想されます。

そこで、125ccまで乗れるということの

メリット・デメリットをまとめてみました。

 

 

○原付の2段階右折や左車線固定などの縛りがなくなる!

 

やはり、原付との差といえばこれが1番大きいのではないでしょうか。

 

原付もバイクも両方乗った私からすると、原付のこの縛り

”結構危険ですよ!”

両方乗られた方ならわかると思いますが

車に煽られたり、右折が困難だったりするので危ないです。

 

○国内メーカーやバイク屋が賑わう

 

125cc参考画像グロム

 

日本ではホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキ

世界に名立たる4大バイクメーカーがあります。

が、国内では「バイクは危ない」などの観点から

国外よりも需要が少ないのが事実です。

 

もし、125ccまでOKになれば、バイクメーカーやバイク屋

も商売がしやすくなりますので経済効果も期待できます。

 

 

×バイクによる事故が増える可能性

 

スポンサーリンク

これはデメリットですが、今まで1度もバイクに乗ったことのない

人がなんの訓練・勉強もしないでバイクに乗れちゃうので

いままでとは違った事故が増えると予想されます。

 

現在の普通免許取得時の教習では、原付をちょろっと乗るだけで

お世辞にもしっかりやっているとはおもえません

でも、原付スクーターならそれでもよかったんです。

なぜなら、それでも乗れるくらい簡単だからです。

 

ですが、125ccと50ccとではたった75ccしか違いませんが

乗ってみるとわかります、全然別物です

法律云々はいったん置いといて(実際には守ってくださいね)

50ccはせいぜい50~60キロがいいとこですが

125ccになるとMAX130キロ程でるバイクも存在します

 

その点では、やはり慣れていないと危ないです。

 

まとめ

 

結局の所、我々がなんと言おうと国が決めたら

その法律がルールとなりますので何とも言えませんが

私の意見を述べさせていただくなら

 

私は普通免許で125ccに乗れることは”賛成”です。

 

2輪業界が賑わってくれるのは大いに歓迎します

ただ、それで事故が増えては意味がないので

教習をもっと2輪の項目をふやしたり、別で講習会を受けるなり

の対応は必要だと思います。

 

スポンサーリンク

-最新情報