最新情報

バイクの路上走行時にど左側通行するのに対して思うこと。

キープレフトとかいう謎の暗黙ルール

 

はじめに断っておきますが、すり抜けの為の左側通行

1車線での対面通行時の左側通行、2車線でも原則左側通行

という意味ではございませんのであしからず。

 

スポンサーリンク

 

上記のルールは守ったうえで、

車線内でも左側を走らなければいけないのか

という問題です。

 

車線内のキープレフトについて

 

黄色の矢印じゃなくて、赤色の矢印ではだめなのか??

 

一応調べましたが、法律上赤色でもダメなわけではないそうです。

 

 

キープレフトってあぶないよね?

 

ケースバイケースですが私は、あまりキープレフトしません。

 

理由は

  • 歩行者(自転車を含む)に近くを走ることになるから
  • 左折の巻き込み事故に合いやすいから(車間を開ければ大丈夫ですが)
  • 右直事故に合いやすいから

こんな感じの理由があります。

 

歩行者(自転車を含む)に近くを走ることになるから

 

やはり歩行者の近くを走ると

その歩行者が予期せぬ行動を起こす可能性があるので

その対処におくれるからです。

 

もちろん、「歩行者がいるときは離れて運転する」ですが

(法律的な言い方は忘れましたが)

 

それ以外に、歩行者をびっくりさせたり

バイクの騒音を感じさせたくない

といった理由もあります。

 

左折の巻き込み事故に合いやすいから

 

車間距離をあければ問題ない話ですが

車の死角にはできるだけ入りたくない物です。

 

スポンサーリンク

 

右直事故に合いやすいから

 

1番これを重視しているのですが

画像をつかって説明いたしますね。(絵がへたくそですいません)

 

バイクの右直事故

 

赤色:車

黄色・青色:バイク

状況:対向車が右折しようとしている時

 

この場合黄色の位置のバイクだと死角に隠れて発見されにくいです。

青色の場合だと自分も相手が見えるし、相手の発見も早くなります。

 

第一に車間距離をあけるのが大事ですが

道路では様々な状況がありますのでこういった時に

キープレフトは危なくなります。

 

まとめると

 

これはあくまで私の意見でもありますので

他に意見がある方は是非コメントいただけると嬉しいです

 

私の経験上、キープレフトより中央や右折車の確認の為

やや右に行くこともあり、それで右折車を早く発見できたことが

なんどもあります。

 

教習所ではキープレフト、キープレフトと言われますが

実際の所どうなんでしょうか、、、。

 

以上、キープレフトについてでした!

皆様、事故だけはお気をつけて。

スポンサーリンク

-最新情報