最新情報

バイクと原付の違いを考察!バイクに乗ったことで分かったことがある。

「バイクに乗ったことで原付で分かったことがある。」

 

原付(原動機付自転車)はチープでフランクで

それでいて、キャッチーである。

 

決して原付をバカにしている訳ではありません。

私だって16歳で初めて免許というものを

手にしたのは原付でした。

 

ですので、当時の私は原付にお世話になった

身であります。

ただ、その後バイクに乗ったことで

”原付という乗り物”について分かったことがある。

 

街中や田舎道で暴走している原付と

1週してまた原付に乗った人とでは

明確に違うものが存在すると私は考えています。

今、原付に乗っている人(特に10代の方)は

今一度”原付のあり方”について考えてほしい。

 

スポンサーリンク

 

 

 

バイクと原付の違い

バイクと原付の違いといえば何と答えますか?

排気量ですか?

大きさですか?

積載量ですか?

電装関係ですか?

確かにどれも間違ってはいません。

 

が、私が思うに一番大きなところは

「知識」だと思います。

 

あまり気を悪くしないでほしいのですが

これは無知な当時の私自身に向かって言えることです!

(お恥ずかしいながら)

 

では、具体的になにが知識不足かを簡単に

あげていきます!

当時の私に大バカヤロウといいながらまとめますね(笑)

 

整備関係の知識

 

バイクは当たり前ですが機械です。

一部のメンテフリーを除いてどんな機械でも

メンテナンスは必要です。当たり前ですね(汗)

 

では、言い方がわるいですが

ただ足としてしか考えずに乗り回している

原付の人は「オイル交換」ってしますか?

バイク乗りなら当たり前の出来事ですが

意外とやっているひと少ないと思います。

特に学生さんなんかはやらない人も多いです。

当時の私もこの類でした。(ばかやろうでした)

 

逆にバイク乗りでセカンドやおもちゃとして

乗っている人は「オイル交換」する人は多いです。

リターンライダーなんかも。

 

オイル交換って、簡単に言えば

ドレンボルト外してオイル抜いて入れるだけです。

超簡単です。(フィルターなどもありますが)

それすらめんどくさければお店にだせばいい訳です。

 

ですが、学生さんなんかは時間も限られていますし

お店にだすにもお金がないですし

なにより、オイル交換の重要性なんかも考えません。

 

でもそれはしょうがないことでもあります。

時間もお金も限られてますし、何より学生さんは

原付のこと考えるより遊んだり勉強が大事ですからね!

 

ではやらなくていいか?

そういうわけにはいきませんよね。

例えでオイルの話をしましたが他にも

色々あります。

 

 

「非力だから安全」ではなく「非力だから危険」なのです。

 

「バイクは危ないから原付にしときなさい!」

 

いやいや、違うから!とツッコミたくなります。

原付ってホント非力です。

道路の端っこに追いやられて、「二段階右折」ときたら

もう最悪です。(笑)

例えるなら、猛獣の群れが大陸を移動してる中に

1匹犬が混じっているもんですw

(例えになってないか?ww)

 

それに、原付ってバイクに比べて

安定しないし、ブレーキ弱いし、タイヤ細いし

実際バイクより危ないですよ?

 

簡単に免許が取れちゃって、レッツ路上!なんて

「極寒の地で全裸で凍えながらなぜ『辛い』

のかわかっていないようなもの」と同じです。

(ハンターハンターネタ乙w)

 

スポンサーリンク

 

 

乗り方が変わる

 

バイク乗る人は大抵ライテクについても

大小あれど考えますし、練習もします。

 

一方、1日で教習もなく簡単な練習のみで

とれちゃう原付にライテクを考える人は

どれくらいいるのだろうか・・・?

 

私自身も今も原付(ビーノ)を所有してますが

今と昔では乗り方が違います。

目線も動作も違います。

安全に楽しくのる為にもやはり最低限のライテクは必要です。

 

 

まとめ

くどいようですが、決して原付をバカにしている

わけではありません。

そして、いまお乗りになられている方を

どうこう言うつもりもありません。

(おこがましいですし)

 

ただ、安全に。そして何より楽しく乗ってほしい

という思いはあります。

ほんと楽しんでほしいです!!

 

もし、は?とおもいあたる節がある方は

今一度見つめなおしてみるのもいいかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

 

-最新情報