最新情報

バイクを買うのを親に反対された時の対処方法

 

バイクを買う・乗るって言ったら反対された

スポンサーリンク

 

バイクに憧れ、バイクに乗りたい衝動から

よしっ、バイクに乗るぞ!」と心に決めていざ

そのことを周囲に打ち明けると反対されることがあります。

 

あぶないからやめておきなさい!

 

こう言われてしまいます。

 

親に反対される参考画像

 

そんな時どうしたらいいのかをご紹介します。

ひとつの参考にしてみてはいかがでしょうか!?

 

 

本当に乗りたいのか自分に問うてみる

 

考えるいきなりですが、少し厳しいことを言ってしまうかもしれませんが

 

親に反対されてバイクを乗るのをやめるなら

 逆に言えばそれくらいしか欲しいと思っていないのです。

 

これはバイクに限ったことではないかもしれませんが

あなたも一度は経験したことあると思います。

何を言われても「これだけは譲れない」ということ。

 

勉強(塾など)やスポーツ(部活やクラブ)仕事(企画)など

やりたいことで、譲れない事

いままででもあったと思います。

なので本当にバイクに乗りたいなら反対されたくらいで諦めてほしくはありません。

 

こちらの記事も合わせて参考にしてみてください!

 

~New rider road~

 

心配してくれていることを理解してあげる

 

諦められない、譲れないからと言って「わがまま」になっては

相手の気持ちを考えてないので

結局乗れたとしても、気持ちよく乗ることができません。

 

きっと、ご両親や周りの人は心配してくれているのだと思います。

 

なので、自分がのりたい!と思う気持ちを理解してほしいなら

まずは相手の気持ちを理解してあげることも大切です

 

 

まずは免許からとってみる

 

免許証 参考画像

 

まずは免許をとってみるというのは1つの手段でもあります。

バイクを買うのは危ないと言われるかもしれませんが

バイクの免許を取ることで、バイク乗りの気持ちが分かるので

安全につながることなのです!

 

勉強のためにもまずは免許を取ることから考えてみてはいかがでしょうか?

免許であれば許可もおりやすいとおもいます。

 

 

バイクのことを毎日熱心に考える

スポンサーリンク

 

毎日のようにバイクの事を熱心に考えていれば

親や周りの人も「そんなに真剣なら、、、」と考えてくれます。

 

危ないので反対をするかもしれませんが

それでも、熱心に考えている人のことを応援したくなるのは当然のことです。

 

ですので、毎日バイクのことを熱心に考えてみてください!

 

バイク雑誌を買って読むことでもいいですし

買いたいバイクの見積もりをとることでもいいですので

熱心に考えている事を行動で示してみるのも大切です。

 

 

実際行動に移す。

 

ある程度、自分の気持ちや思いが周囲に伝わってきたら

実際に行動します。

一度断られていても、弱気にならずここは頑張りましょう!

 

もう一度誠意をもってお願いする

 

ある程度理解をしてもらっていれば、もう一度お願いすれば

了解して頂けると思います。

 

ただ、この時もしっかりと誠意をもって話しましょう!

 

先に買ってしまって既成事実をつくる

 

あと、一歩で理解してもらえるのに、、、。

という場合は「荒業」になってしまいますが

「先に買ってしまう」というのも1つの手段です。

 

納得していただいて購入するのが1番よろしいのですが

どうしても、あと一歩がって時はいっそのこと買ってしまえば

YesもNoも無くなってしまいます。

 

 

 まとめ

 

 

さて、親に反対されたときの対応についていかがだったでしょうか?

 

買いたいのに、乗りたいのに

様々な理由で反対されて乗れないこともあると思います。

 

決してヤケにならずに冷静に(でもバイクへの思いは内に秘めて)

考え行動していきましょう!

 

なにか、わからないことがあればコメントもお持ちしております

のでお気軽に!

スポンサーリンク

-最新情報