最新情報

バイクを雨の日に乗る場合の滑るポイントや走行の注意点

バイクを雨の日に乗る時

 

こんにちは、こんばんはmkです!

今回は雨の日にバイクを乗るときの注意点を

紹介していこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

これを書くキッカケになったのが、私の友人が雨の日に

バイクを乗っていて滑ってこけてしまった為

「雨の日はバイクを乗るのが怖い!」といって乗らなくなってしまった

のがキッカケです。

 

雨でのバイク走行

 

雨天走行の私自身気を付けていることを紹介していきます。

 

 

雨天時は滑るポイントを把握する

 

雨が降ると当然ですが路面がぬれます。

普段何気なく走っている所でも、濡れることで滑りやすくなる

ポイントがいくつかありますので紹介していきます。

 

 

マンホールや工事中の鉄板

 

雨の日のマンホール

 

これは鉄板ネタですよね?鉄板だけに、、、(笑)

 

雨の日はマンホールや工事中の鉄板は濡れることで

凄く滑ります。

特にカーブ中などバンクしている場合は特にこける可能性が

高くなるので注意しましょう!

また、マンホールの上でのブレーキングも合わせて注意しましょう!

 

 

道路の白線の上

 

雨天時の白線

 

白線の上も要注意です。

特に白線でも注意しなければいけないのが

車などでたくさん踏まれた白線です。

 

新品に近い白線が身近にあるなら見てほしいのですが

少しざらざらとしています。

ですがたくさん踏まれた白線はツルツルになっていて

滑りやすい状態になっています。

 

 

ツルツルとしたコンクリートの路面

 

これは、ガソリンスタンドや立体駐車場などの路面です。

 

実際に触ってみるとわかるのですが

雨が降っていない時でもガソリンスタンドの路面は

ツルツルしていると思います。

また、凹凸も少ないので水はけも悪く滑りやすい状態になっています。

 

 

落ち葉や落下物によるもの

 

濡れた路面に落ち葉

 

これは歩いていても滑るので分かると思います。

ただでさえ落ち葉は滑るので気を付けたいポイントですが

雨の日は一層すべるので注意しましょう!

 

 

アスファルトの歪んだ部分

 

トラックなどがよく通る道では、アスファルトが歪んで

水たまりができやすくなっています。

歪みに築かずに、「体制が崩れる+水たまり」になると危険です。

道路中央は歪みが少ないので見極めて走りましょう!

 

 

雨の日のライディング

 

スポンサーリンク

 

雨の日は滑る場所も発生してきますが

その他に、雨の時の乗り方もあります。

 

もし、雨の日に少しキツめのコーナーを

いつもと同じようにまがったら危険ではありませんか?

 

いくつか気を付けるポイントはありますが

簡単なものを紹介していきます。

 

 

スピードをいつもより遅くする

 

すぐできて、一番手っ取り早い方法です。

いつもより10~15キロ程落とすだけでも変わりますので

小細工無しにできる技です。

 

 

ブレーキのタイミングを見極める

 

バイクのブレーキキャリパー

 

路面が濡れているとタイヤのグリップ力が低下します。

よって、信号等ではいつもより早めにブレーキをかけるのを

心がけておきましょう!

 

コーナー手前でブレーキングを終わらせておくことも重要です。

晴れの場合でも基本的に、曲がったままブレーキをかけるのは

危険ですので、プロレーサーみたいなブレーキ操作が出来なければ

コーナー手前でブレーキ操作を完了しておきましょう!

 

また、ABS装着車でない場合はロックしやすくなるので

フルブレーキングを起こす場面を作らないのも必要です。

 

軽いリーンイン

 

雨の日は、余り車体をバンクさせないほうがよろしいです。

一概には言えませんが、基本的にぬれた路面に傾けると

倒れやすそうなのが想像できると思います。

 

リーンイン三種類

軽いリーンインを盛り込むことで余りバイクを傾けることなく

曲がれますので、リーンインを活用しましょう。

ただし、傾けない為といってもハングオフまでやる必要はございません。

 

 

発進はゆっくりと

 

発進時に急にアクセルを回すと、タイヤがグリップせずに

スリップしてしまい大変危険です。

ですので発進時はゆっくりとしましょう!

 

 

その他

 

その他に注意した方がいい所は、夜間の雨ですと

雨にヘッドライトが吸収され視界が悪くなります。

 

ヘルメットのシールドは雨で見えにくくなり

そして曇りやすくもなります。

外はバリアスコート、中は曇り止めを施工して対策しましょう!

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

雨の日のバイク走行の時に参考にしていただければ幸いです。

 

また、雨の日は乗らないのも1つの手段です。

走行中に雨が降った場合は止むか、弱まるまで雨宿りするのもアリです。

 

 

皆さん、雨の日の走行はいつもよりも慎重に

ケガのないようによろしくお願います!

 

スポンサーリンク

-最新情報