整備関係

バイクを長い間乗らない冬などの場合時の対処法

こんにちは、こんばんは!mkです!

 

最近寒くなってきていますがバイク乗ってますか??

乗る頻度落ちていないですか??

 

心当たりがあるあなたはこの記事を読むことで

長時間バイクに乗らない時の対処法が分かったり、参考になりますので

最後までいただけると幸いです!

 

それでは、早速ですがいくつかご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

バイクの燃料タンクを満タンにする

意外とご存知の方も多いかと思いますが、知らなかった人は

簡単ですぐ行えることなので是非実行してみて下さい!

 

ハイオク参考画像

タンクに燃料を満タンに入れる理由ですが

燃料タンク内を錆びないようにする為」に行います。

さらに、ハイオクを入れておくと添加剤も含まれておりますので

よりオススメです。

ハイオクは高いと思われるかもしれませんがレギュラーより10円程

高いだけで15L入れても150円しか変わりません

錆びたタンクを直す費用に比べたら安すぎますね。

 

<レギュラーとハイオクについて>

 

フューエルワンを入れておく

フューエルワン

出典:ワコーズ

 

以前にも紹介したワコーズのフューエルワンですが

燃料劣化を防いだり、防錆効果があったりとものすごい商品です。

<ワコーズ:フューエルワン>←こちらの記事に詳しく書いています。

 

フューエルワンを入れるのではレギュラーでも大丈夫です。

 

注油関係をしっかりしておく

バイクに乗っていれば注油関係はしっかりやると思うのですが

バイクを乗らなくなる時ほどしっかり手入れしてあげましょう!

 

油関係は自然に劣化していくものです。

ベストなのは乗らなくなる前に点検、乗り始める前にも点検。これが良いです。

エンジンオイルは乗り始める前に交換で十分です。

 

洗車しておく

え?乗らなくなるのに洗車するの?」と思うかもしれませんが

主に、注油作業と同じ目的で整備する感覚で洗車します。

泥などがついていると腐食の原因にもなりますので

洗車をしてしっかり落としておきましょう!

 

スポンサーリンク

乗らなくなってもこれだけはしといて!

寒くなると当然バイクに乗るのは億劫になると思います。

でも、、、

バイクには乗らなくてもいいです、エンジンだけはかけてあげて!

 

週に1度は最低でもかけてあげてください!

バッテリーが放電してエンジンがかからなくなってしまったり

オイルを回すために等の理由があります

 

まとめ

 

「バイク命」ってかたは冬だろうと雨だろうと乗るかと思いますが

趣味程度に乗っているかたは乗らない期間もあるかと思いますので

そういった場合は参考にされてくださいね!

 

以上!バイクを長期間乗らない時の対処法でした!

 

スポンサーリンク

-整備関係